妊婦の足つぼマッサージが流産の原因に!?

妊娠中は生まれてくる赤ちゃんが楽しみな反面、妊娠初期のつわりに始まり、出産まで身体のだるさや腰痛、むくみなど、とにかくマイナートラブルに悩まされ続けます。
出産までの我慢とはいえ、あまりに辛い症状が続くと一刻も早く今の辛い状況をどうにかしてほしい!と思う方も多いのではないでしょうか。

 

妊娠中は身体が辛いので、マッサージなどを受けたいという人も多いかと思います。
しかし、妊婦が足つぼなどのマッサージを受けると流産の原因になるから控えた方が良いという意見もあります。
では本当に足つぼマッサージは妊婦にとって危険なのでしょうか?

 

確かに、足の裏には沢山のつぼが集まっています。
子宮に刺激を与えるつぼや、生理周期を整えるためのつぼ、デトックス効果のあるつぼなど、何となく押せばお腹に刺激が伝わって胎児が流れてしまいそうなイメージのものもあり、そんなところから足つぼマッサージ=流産、のうわさが生まれたのではないかと言われています。
しかし、もしもつぼ押しで確実に流産するのなら、人工中絶の方法は手術のような苦痛を伴うものである必要がないはずですので、あまり気にする必要はないと言えるでしょう。

 

また、人は歩くことによって多かれ少なかれ足の裏のつぼを刺激しています。
便秘の時には、腸のつぼを刺激するためにも歩くと良いと言われたりもします。
しかし、妊婦だからと言って歩いてはいけないなどということは言われませんね。
つまり、多少の足つぼの刺激では妊婦にとって驚くようなリスクはないと言えるのではないでしょうか。

 

もし足つぼマッサージは受けたいけど流産が心配、というような方は安定期に入ってから、マタニティ専用の足つぼコースがある所で施術を受けるのがおすすめです。
マタニティ専用であれば、施術中に体調が悪くなったりしてもすぐに対処してくれたり、無理な姿勢を取らせないように配慮してくれるので安心して通うことができますよ。

更新履歴